阪神北ブロック

スタッフの声

阪神北ブロック 事業計画・報告

 阪神北ブロックは、「伊丹」・「宝塚」・「川西・川辺郡」の3つのエリアから成り立っています。ブロック独自の活動としては年に2~3回の研修会を企画し、看護の質の向上・人材育成に努めています。
 各地区でも定期的に管理者会を実施し、情報交換や研修会を開催するほか、地域の連絡会や協議会にも参加し、多職種との顔が見える連携作りを心がけています。
 利用者やご家族が安心して暮らすことができる地域作りを目指しています。
事業計画

2019(阪神北)ブロック活動計画.pdf

事業報告

2018(阪神北)ブロック活動報告.pdf