連絡協議会の概要

ごあいさつ

会長 空地 顕一(兵庫県医師会 会長)
兵庫県訪問看護ステーション連絡協議会
会長 空地 顕一
(兵庫県医師会 会長)
 我が国は今、世界のどの国も経験したことのない超⾼齢社会、多死社会へと突き進んでおり、将来の⼈⼝構成や疾病構造の変化に対応するべく、多職種連携による地域包括ケア体制の整備や在宅医療の推進が進められています。そのような中で、訪問看護ステーションは多職種連携、在宅医療の要であり、今後ますますその役割は重要になってきます。したがって、訪問看護ステーションの数的・質的充実や、⼈材育成、地域偏在への対応、研修体制の整備などを⾏なうことが地域の医療・介護体制をさらに充実する上で喫緊の課題と⾔えますし、当協議会の組織率の向上も⼤変重要になります。また、在宅医療が広がる中で、⼈⽣の終末期における医療・介護の提供のあり⽅や、認知症患者とそのご家族への⽀援、災害時の社会的要⽀援者への対応など、解決すべき課題は⼭積しています。
 在宅医療の現場等でますます訪問看護ステーションの存在感と重要性が増す中、県⺠の皆様と共に知恵を出し合い、諸課題に対応していかなければならないと考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

スローガン

訪問看護の力で安心な在宅生活をデザインしよう

方針

  • 1.訪問看護師の育成と質の向上
  • 2.地域での訪問看護ステーション間のネットワーク強化
  • 3.地域での看-看連携、多職種連携の強化
  • 4.訪問看護師の人材確保
  • 5.組織力の強化と会員確保

事業内容

  • 1.訪問看護事業に関する情報交換、連携、調整等によるネットワーク強化事業
  • 2.訪問看護の質向上に関する研修会、講演会等の開催
  • 3.訪問看護事業における管理者育成及び運営改善に対する課題検討、政策提言等に関すること
  • 4.地域包括ケア推進における関連団体との連携・協働推進事業
  • 5.訪問看護事業の普及啓発に関する事業
  • 6.訪問看護事業に関する行政等からの通知及び情報の周知
  • 7.訪問看護事業の経営及び訪問看護の質の確保・向上等に関する調査研究
  • 8.その他、本会の目的達成に必要な事項
(定款 第2章 第4条)
事業計画

2019年度事業計画.pdf


2018年度事業計画.pdf

事業報告

2018年度事業報告.pdf


2017年度事業報告.pdf